APAPの基本

自動気道陽圧(APAP)の基本

APAPは自動気道陽圧機です。 CPAPマシンと同様に、APAPマシンは、フィルターを通して空気を取り入れ(多くの場合、加熱と加湿を伴う)、次にモーターを使用してフェイスマスクに接続されたチューブを通して空気を押し出すことによって機能します。 APAPマシンは、軟口蓋、口蓋垂、および舌が気道を塞いだり崩壊したりしないようにしながら、気道にクッションを付けて気道を支えて開くことにより、エアスプリントを作成します。

CPAPには1つの連続設定がありますが、APAPは、呼吸に存在する抵抗の量を常に測定することにより、変化する圧力のニーズに対応できます。 APAPマシンのテクノロジーにより、呼吸の変化が検出され、より多くの気流が必要になるまで、低い設定を維持できます。

APAPマシンは、CPAPマシンから望ましい結果が得られない人、またはCPAPの不変の圧力レベルに特定の問題がある人に処方されることがよくあります。 それらは、他の睡眠障害と併存する睡眠時無呼吸、または体が特定の位置に移動したときにのみ発生する睡眠時無呼吸など、特定の場合にCPAPマシンの前に処方される場合があります。 APAPは、必要に応じて圧力を調整し、フレアアップが経過すると低い設定に戻ることができるため、アレルギー、風邪、またはその他の一時的な気道閉塞を起こしやすい人に適しています。

CPAPマシンと同様に、特にマスクが適切に装着されていない場合、皮膚の炎症を引き起こす可能性があります。 CSA、慢性心不全、COPD、または肥満低換気症候群の人にはお勧めできません。また、オピオイドの使用に関連する睡眠時無呼吸の人にもお勧めしません。